ホートゥガー・アラカー


伝説の井戸・ホートゥガー

 海に面した断崖の下に、岩から滲み出す湧水を溜めるカー(井戸)があります。鳩に教えられた泉といわれる伝説の井戸です。

 昔、日照り続きで水がないときに、鳩だけがいつも羽をぬらしていました。不思議に思った島の人が後をつけ、鳩が下り立つところを確かめてみると泉で水遊びをしていました。早速そこを掘り下げると、清水がこんこんと湧き出しました。そこでホートゥ(鳩)ガー(井泉)と名付けられました。

島のウブガー(産井)・アラカー

 アラカーは小学校裏にみえる丘・アラカーグスクの麓にあり、岩から湧きだす水を溜めるカー(井戸)です。子供が生まれたときは、この水を汲んで産水(ウブミジ)として使いました。死者の身体を清める水としても使われたといわれています。元旦の若水もアラカーで汲みます。生命と関わる大切な水です。